田舎に住むものです。 casually’s diary

とりあえず、軽やかな気持ちで、ひとに迷惑を掛けずに、やっていきたい。

【トムヤンクンの素】で作る、簡単トムヤンクン鍋

 最近、近所のドラッグストア コスモスで、【トムヤンクンの素】という商品を見つけました。 この商品、とても優秀だったのでご紹介します。

商品名:トムヤンクン鍋・スープの素

 この商品の原材料は、下のとおりです。

トムヤンクンの素の原材料、原産国は本場タイです。

 原材料には、レモングラス、ガランガなど、トムヤンクンの風味の元になる香草が入っています。
味は、激辛というわけではなく、甘口〜中辛といったところでしょうか。(辛いものが苦手な次女も食べれました。)

 早速調理です。今回はトムヤンクン”鍋”なので、瓶に”記載のレシピ”を参考に調理しました。

トムヤンクン鍋のレシピ(瓶に記載)

私が用意したのは以下の食材です。
・有頭エビ(頭付きが良い出汁が出ます。ブラックタイガーがおすすめ。)
・豚肉
・プチトマト
・その他、鍋に入れるような野菜等
白菜、ネギ、豆腐の他に、マッシュルーム、白しめじなどのキノコを入れてみました。

トムヤンクン鍋の材料

有頭エビは、出汁を取るため、先に弱火〜中火で煮ます。(少しアクがでるので取り除きます。)

先に入れた有頭エビ

 沸騰したところで、火を止め、トムヤンクンの素を投入します。
野菜から水が出るのか、私は結構タップリと入れました。レシピの1.5倍くらいでしょうか。

トムヤンクン鍋

 あとは、思い思いに鍋を突っつくだけです。 
味についてですが、風味はしっかりトムヤンクンの風味が出ていて美味しいです。私の好みではもう少し”酸っぱさ”が欲しい感じでした。酸っぱさが欲しい方は、酢かレモン汁、かぼすなどを取皿(とんすい)に追加して、味を調節してみたら良いと思います。

 その他、私のうちではチャーハンの味付けにも使っています。

トムヤンクン味のチャーハン

材料は、焼豚、レタス、プチトマト、マッシュルーム、乾燥小エビ などです。

トムヤンクン味チャーハンの材料(納豆とネギは他の味のチャーハン用です。)
少し味が甘めなので、塩などで調整します。

 普段、トムヤンクンといえば、外食か、無印良品のトムヤンクンキットを使って家で楽しんでいますが、キットを使っても結構手間がかかります。
こちらの【トムヤンクンの素】だと、ペーストを入れるだけなので、手間いらずで、トムヤンクンの味を楽しめると思います。